利息なしのキャッシングサービスを狙おう

利息なしのキャッシングサービスを狙おう

Just another WordPress site

急な出費が必要になった人と消費者金融

byhfbv急な出費が必要になり、消費者金融からの借り入れを考えてしまうのは、どのような場合でしょうか?貯金もなにもなく、また銀行に借りに行く時間もなく、すぐにすぐ必要でしょうか?非常にレアなケースは除き、順番に考えてみましょう。もしも、用途別に貯金や積み立てをしていて、それに手をつけたくないとか、中途解約をしたら利息分が損だとかということであれば、その考えは捨てましょう。

 

「お金に色をつけるな」という行動経済学の考え方があります。経済学、というと難しそうなイメージがありますが、行動経済学は比較的新しい学問で、伝統的な経済学が前提としている「人間は合理的な判断をする」ものと違った前提です。つまり、人間はきわめて非合理な考え方をする生き物であり、往々にして誤った結果を導き出す、というものです。元にもどすと、例えば子供の学費にとっていた積立金には手を出さずに、利息の高い借金をしてしまうなど、の場合です。本題で言えば、消費者金融などの借り入れを行う場合などです。この場合、同じお金で別物と考えてしまっています。子供への愛情の深さゆえ、といえるのでそれはそれで尊いことです。

 

しかし、学資保険を取り崩さず、金利の高い消費者金融からの借り入れを行ってしまえば、いずれ生活が立ち行かなくなり、学資保険にも手を着けざるをえず、場合によってはそれでも足りない、という状況になってしまう可能性もあります。ですので、少しでも金利がかからないお金があるのであれば、「お金に色を付けない」でまず必要なお金を準備し、改めて貯蓄し始めることが生活の破綻を防ぐ術です。貯金もなにもなく、急に必要、ということであれば、前述のように何かすぐに売れる物を売る、あるいはそうでなくとも生命保険を掛けていればその借り入れの制度を利用するなど、少ない時間でも冷静に借りる期間と、返済金額を電卓を持って計算し、可能な限り低い金利で借りるようにしたほうがよいでしょう。
 

即日融資の条件

hcuyg即日融資をしてくれるのは借り入れ人が簡単審査でも信用に足りる資質の持ち主に限りの小額融資に限っています。本来的には緊急に資金を必要とする人々とは全てとは言えないが計画性のない人々と同列なような気がします。それらの人が金融機関に即日融資を申し込んだとしても簡単に貸してくれる筈がありません。何故なら即日融資すなわち短時間審査です。短時間で審査をクリアするには公務員や大手企業の従業員等の身元がしっかりしていて定期的収入が保証されている人々です。

 

それらの人々が緊急に資金を必要としてもそれようにプールした資金がないとは考え難いものです。つまり即日融資の対象者にはなかなかなりえないものです。それでも金融機関が即日融資を目玉的に広告宣伝を打つには魂胆があるはずです。対象を広げるにはリスクがある事を承知で少なくても信用調査機関の所持するデーターでは貸し出し不適者ではない事が最低の条件とし、まずどの規模の会社に勤めていようと会社員で定期的収入がありと認められれば審査をクリアとなる制度と成っている筈です。

 

大手銀行が即日融資を謳っているのは金融機関の商品の横並び状況に他ならないのではと判断しています。現実に自分が利用していないので実情は雲を掴む状態ですが、消費者金融会社系以外の金融機関は審査は形式に過ぎないのではないでしょうか。融資断りの文言が今回は融資を見合わせて頂きますと連絡があるだけで融資不可の理由は一切伝えない体質が全てを語っているような気がします。
 

金融機関によって貸し出し金利に差があるのは

vbigbn金融機関が利益を出すには貸出先が必ず返却してくれる事が絶対要件です。金融機関の利益の源は利息です。例えばインターネット等で盛んにカードローン等の公告宣伝を行っている内容をみてみるとわかりますが、貸出金利は金融機関によってばらばらです。即日融資のキーワードで検索してみると価格.COMというサイトが見つかり、そこでの掲載金融機関18行の金利を覗いてみると全ての金融機関が即日融資貸し出し最安値金利と最高値金利が表示されています。

 

最安値金利の比較をしてみると、一番の低金利が住信SBネットワーク銀行が展開しているMr.カードローンプレミヤムコースの1.990パーセントで、一番の高金利は常陽銀行が発売している常陽銀行カードローン<キャッシュビット>の7.8パーセントです。それで最高値金利を比較してみると一番安値が最安値でも一番安かったMr.カードローンプレミヤムコースの7.990パーセントで一番高い18.00パーセントが数金融機関あります。その差は何があるのかと精査してみますと最高値の常陽銀行カードローンの貸し出し先の職業を一切限定していないことがわかります。

 

最も申し込み段階では限定がないということで実際に貸し出しが誰にでも無差別にということでもありません。申し込み後審査があることは言うまでもありません。つまり返却にリスクのあることで貸し倒れによっての損金を予め多めに取っていることなのです。逆に低金利貸し出しができるのは返済事故が限りなくゼロに近い事が条件です。

 

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー