利息なしのキャッシングサービスを狙おう

Just another WordPress site

大問題!コインチェックのネム580億円流出問題

読了までの目安時間:約 3分

 


コインチェックで仮想通貨のネムが流出したニュースは、大きく報道されています。
コインチェックは日本国内の仮想通貨取引所の中では大手で、多くの利用者がいることで知られます。
そのコインチェックから580億円に相当する仮想通貨が流出し、被害者は26万人にも上ったことがわかり騒動になっています。
ネムの不正送金は大半が5分の間に行われていることがわかっていて、流出先の口座は特定されているので警視庁もその動きを把握し流出したネムの追跡を行う方針です。
仮想通貨は取引履歴が記録されるので見る事ができます。不正送金が始まったのは1月26日の午前0時2分です。
コインチェックのウォレットから少額が外部の口座に送金されます。その2分後から1億XEMずつ5回送金され、さらに送金が続き合計580億円分が流出します。
コインチェックが不正流出に気付いたのは、不正な引き出しが完了してから半日経った後です。
この対応の遅さ、管理の甘さに批判が集まっています。
仮想通貨はアドレスだけで個人を特定することは難しいものの、不正に引き出されたアドレスは特定されているので世界中で監視され続けます。
コインチェックでは、ネムを預けていた顧客に対して円で返金することを発表しています。
金融庁は、すべての仮想通貨取引所の調査を行います。システムの管理体制や顧客の資産管理などについて調査を始め、何か問題があれば検査に踏み切るとしています。流出したネムは追跡を遅らせる目的で複数のアドレスに分散して送金されているので、警視庁が追跡を進めているところです。
仮想通貨取引所の登録業者は16あり、コインチェックなど登録審査中のみなし業者も16あります。仮想通貨取引所の中には業務が拡大して安全対策が後回しになっているケースもあるため、金融庁では情報システムの安全確認などを要請しています。
ネムの流出に気付いた保有者のひとりが、不正に引き出した人物のアドレスに目印を付けて追跡作業をしたことも大きな話題になっています。

 

この記事に関連する記事一覧